ウェストデンタルクリニックでは、歯周病治療にも力をいれています。

ペリオテストによる検査

ペリオテスト

まずは、現在の状態を把握するために、通常のレントゲンや歯周検査に加えて「ペリオテスト」という機械を用いて、歯の動揺度を数値で測定します。

これによって、「ドクター間の誤差」もなくなりますし、次回ご来院時に前回と比較してよくなったのか?悪化しているのか?をきちんと数値で知ることができます。

歯科衛生士によるあなたにあったホームケア用品の処方

ホームケア用品

歯科衛生士が、あなたのお口の状態(歯並び・今までの歯科治療で入っている補綴物・歯周病の進行度など)にあった歯磨き方法を提案させていただきます。

インボディによる体組成検査

インボディによる体組成検査

歯周病は、歯だけでなく、栄養状態、唾液量などとも関与しています。
全身状態をチェックする場合はインボディという体組成計を用いて、水分量・ミネラル量なども測定します。

歯周病の進行度に合わせた治療方法を行っています

歯周病の進行度に合わせた治療方法

動揺歯の暫間固定も、歯の裏側にテープを用いて動かないよう固定する方法・透明なセメントを用いる方法などがあります。
写真はテープを使った固定方法。

ご家庭で使っていただくお薬

ご家庭で使っていただくお薬を処方する場合もあります。

歯周病治療は、歯科医師・歯科衛生士と患者様の共同作業になります。
虫歯治療と較べて、根気が必要となることもあります。
なるべく、歯を抜かずに残すために、私たちとご一緒に頑張りましょう。

抜かない歯周病治療「ペリオデンチャー」

グラグラしている歯がある・・でも、抜きたくない・・
そんな方にお勧めしたいのが、ペリオデンチャー。

今迄、1度グラグラし始めた歯は動きを止めることが難しく、セメントや固定用テープで一時的に動きを止めることができても、しっかり噛めるレベルまでの回復は難しいものでした。

しかし、ここにきて、動きをきちんと止めることが出来た上で、かみ合わせの調整なども含めた歯周病治療をしかり行えば、歯の根の周りに石灰化が起こり、歯は再び固定されるということが研究でわかってきました。

ペリオデンチャーとは

歯周病治療

ペリオデンチャーには2種類あります。

  • グラグラしている歯があるけれど、まだ入れ歯ではない状態の方が使用する固定装置
    (写真右:歯のない入れ歯)

  • 既に入れ歯を入れている方が、残っている歯を固定する目的で入れる入れ歯機能も持つ装置

ペリオデンチャーに向いている方

  • 動揺している歯があるけれど、抜きたくない方・あるいは、持病があり抜けない方
  • お口の清掃がきちんとできる方
  • 定期的に検診や歯周病治療にご来院できる方

ペリオデンチャーに向かない方

  • 取り外し式の装置が苦手な方
  • お口の清掃ができない方
  • 急性症状のある方
  • 定期的なご来院が難しい方

歯周病が大きく進んでいる方では、型をとる際に歯が抜けてしまう場合があります
ペリオデンチャーを使用しても、ご家庭でのケア、全身状態などによっては良い結果がでない場合もあります。
歯周病治療の成功を必ずお約束できるものではありません。

電話番号