バルプラスト(金属を全く使用しない部分入れ歯)

*バルプラストは厚生労働省の認可がおり、国内生産となりました。

バルプラスト

バルプラストの特徴

  • 金属を使用しませんので、見た目では入れ歯を入れていることがわかりません。
  • 歯茎にジャストフィットし、違和感がありません。
  • 薄くて軽く、やわらかい素材です。
  • お餅やガムもくっつかず、食べ物もはさまりにくくなっています。
  • バネを使わないので、残っている歯の負担も軽くなります。
バルプラスト

バルプラストも金属のバネはないですが、床はあります。
でも、バルプラストのすごいところは床がやわらかいのです。
複雑な動きをするお口の動きにピッタりフィットします。
勿論、保険の入れ歯の床と比べると、とっても薄いです。
また、クラスプ部分はピンクの歯肉色なので、前歯にいれても目立ちません。

バルプラストの症例

バルプラスト
バルプラスト

丈夫で長持ちするのも良い点です。
仮に、バルプラストを装着後に何年かたって、他の歯が抜けてしまった場合も、新しく作り直すのではなく、今まで使っていたものに歯を足すことが可能です(増歯といいます)。
これは、バルプラストの大きな利点と言えます。

バルプラスト


写真は、約10年前に当院でバルプラストを製作された方の、今年3月の写真です。
上下ともに奥歯はバルプラストが入っています。

バルプラストは、全く問題なく好調に使っていらっしゃるとのことです。
専用の洗浄剤でお手入れしていただければ、10年たってもキレイなままです。

 
 
電話番号